物でもシーンのカットでもなんであれ、それが比喩の要素として扱われているものなら結局詩みたいな作られ方だろうなあと、そちらに体の重心が移っていたのか、色や形が恋しくなる 自分みたいなものが簡単にこんなことを口に出すのは軽薄過ぎると思うのだけれど、気分は気分

或いはそれら以外の手続きなんてあるのだろうか